データ活用のテクニック
4
文書を編集できないようにする

閲覧は許可しても,内容を変更してほしくない文書は,編集を禁止するように設定できる。パスワードを設定し,解除するまで,編集や印刷ができないようにする。閲覧中に誤って内容を書き換えてしまうミスをなくし,改ざんの恐れもない。
文書を編集できないようにする
[ファイル]→[セキュリティ]をクリックし,[セキュリティ]ダイアログボックスの[文書編集の制限/すかし]の[設定]をクリックする。



文書の保存時に[継続]をクリックする。



※ ただし,Wordなどでファイルを開いた場合は,編集・保存・印刷が可能となる。
文書を開く
ファイルを開こうとすると次のようなメッセージが表示されるので,[確認]をクリックする。



ツールバーのアイコンやメニューは使用が制限される。テキスト等も選択できない。



編集や印刷禁止設定を解除する。
[ファイル]→[セキュリティ]をクリックし,[セキュリティ]ダイアログボックスの[文書編集の制限/すかし]の[設定]をクリックする。



パスワードを入力して[Ok]をクリックする。