データ活用のテクニック
3
パスワードを付けて文書を保存する

重要な機密文書を扱う場合は,文書にもパスワードを設定して,それを知っている人しか開けないようにするなどのセキュリティ対策をする。
パスワードを付けて文書を保存する(方法1)
[ファイル]→[セキュリティ]をクリックする。



[セキュリティ]ダイアログボックスの[文書閲覧の制限]の[設定]をクリックする。



[開くときにパスワードを必要とする]をチェックし,パスワードを2度入力し,[OK]をクリックする。
パスワードは,全角・半角問わず15文字以内で入力する。



パスワードを設定した文書を保存するときに次のようなメッセージが表示される。[継続]をクリックして保存する。



パスワードを付けて文書を保存する(方法2)
文書を保存する際,[ファイル]→[名前を付けて保存]をクリックする。[ファイル名]を入力し,[詳細]ボタンをクリックする。



[パスワード設定]をチェックし,パスワードを入力し,[OK]をクリックする。



[OK]をクリックして保存するときに,[確認パスワード]が表示されるので,もう一度パスワードを入力して[OK]をクリックする。
パスワードは,全角・半角問わず15文字以内で入力する。



パスワードを付けた文書を開く
ファイルを開こうとすると次のようなメッセージが表示されるので,パスワードを入力して[OK]をクリックする。



パスワードを設定したファイルが開いた。



パスワードを解除する
パスワードを設定したときに付けた[開くときにパスワードを必要とする]のチェックをはずす。